HOME>注目記事>自分の歯のように扱うことができる治療がある

入れ歯やブリッジとの違い

インプラント

埼玉にも、インプラント治療を行える歯科があります。入れ歯に比べて自然で、天然の歯のように馴染む第三の歯ともいわれています。金属のバネをなくすことで、見た目には歯がなくなったように見えなくなる特徴があります。取り外しの総入れ歯を嫌だと感じる中、受け入れやすいのも特徴です。また、ブリッジは歯肉が減った所が黒く見えますが、そうしたことをなくすことも外科術式の進歩により可能です。ブリッジや入れ歯の改善処置の種類がある中、インプラント治療の主流となるチタン製スクリュータイプは、無歯顎の患者の改善処置に開発されています。総入れ歯が合わない人におすすめで、一本の歯の欠損にも応用されています。

患者の守るべきこと

埼玉にて、初診で歯科インプラントを勧められた場合、断れないワケではありません。患者は歯医者から言われたからという暗黙のルールとして捉えず、他の治療でカバーできないのかも聞いてみましょう。デメリットも説明した上で勧めてくれることは、歯医者側の責任(マナー)なのです。初めてでも、患者が守るべきルール・マナーがあります。例えば、人工物であるインプラント体が半分は口腔内に露出しているため、骨に直接の感染が起こらないためにしっかりセルフメンテナンスができないといけません。長期治療になっても治療に関わる事柄は蔑ろにしない、歯医者から言われた事柄は守りましょう。

慎重になるには理由がある

埼玉にはインプラント専門の歯科医院は多くありません。それは、知識・技術ともに難易度があり、必要な設備機器を導入したり、専門技師も必要だからです。治療を考えている人の中には、歯科ならばどこででもインプラント治療ができる印象を持っているようですが、ハイリスク・ハイリターンの処置法であることを理解しましょう。ほとんど自分の歯と変わらず噛むことができるメリットがある中、チタン製で圧を感じないことが、自分の歯との違いです。ですから、とても綿密な噛み合わせの調整が必要になりますが、この調整はシビアで、適当にできません。慎重さ、丁寧さ、不具合が出ないための処置であることも理解しておきましょう。

広告募集中